土木学会関東支部新潟会

TOPページ 組織の概要 行事案内 研究調査発表会 総会・定例会 新潟の土木プロジェクト

区切り線

2012年7月3日(火)
会 員 各 位
公益社団法人 土木学会関東支部新潟会
会 長 田宮 強志

第30回土木学会 関東支部新潟会研究調査発表会
論文募集のお知らせ

拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます.
 さて,土木学会関東支部新潟会では,産・官・学の情報交換を図り, 多様化する土木技術の実情を把握するとともに, より一層の技術の向上を目指す目的で,毎年,研究調査発表会を開催して参りました.
 本年も,下記の要領で第30回土木学会関東支部新潟会研究調査発表会を行いますので, 多数のご応募をお願い申し上げます.
 なお,発表会の詳細つきましては,別紙をご参照頂ければ幸いです。 また、土木学会継続教育CPDプログラムの認定(認定番号JSCE12-0033 単位数7.0)を受けております.
敬具

■ 主 催 公益社団法人 土木学会関東支部新潟会
■ 開 催 日 2012年10月30日(火)
■ 場 所 朱鷺メッセ(所在地:新潟市中央区万代島6番1号,電話025-246-8400)
■ 論文募集要項 別紙のとおり
■ 申込締切 2012年8月21日(火)(消印有効) 
(後日,採否を通知いたします.)
■ 論文投稿締切 2012年9月21日(金)(必着) 
■ 問合せ先 新潟大学 工学部建設学科(担当:保坂 吉則)
  〒950-2181 新潟市西区五十嵐2の町8050番地
  TEL:025-262-7032,FAX:025-262-7032
  E-mail: hosaka@eng.niigata-u.ac.jp


第30回土木学会関東支部新潟会研究調査発表会
論文募集要領

 第30回土木学会関東支部新潟会研究調査発表会が下記の要領で開催されます.奮ってご応募ください.
電子申し込みの受付は終了いたしました.
多数のご参加ありがとうございます.
■ 開 催 日 2012年10月30日(火)
■ 場 所 朱鷺メッセ(所在地:新潟市中央区万代島6番1号,電話 025-246-8400)
  (タクシー・自動車) 新潟駅万代口から5分(駐車場:入場から最初の60分無料、以後30分までごとに100円)
  (バ ス) 新潟駅万代口 佐渡汽船行朱鷺メッセ下車 15分
  (徒歩) 新潟駅万代口から 20分
■ テ ー マ 土木分野および関連する分野における研究,調査,工法,工事報告を対象とします.
■ 申込方法 下記のホームページより,2012年8月21日(火) までに電子申込みを行って下さい. なお,電子申込みができない場合は,従来どおり下記まで郵送,FAX,またはE-mailにて お申し込みください(当日消印有効). E-mailでのお申込みの場合には, 別紙の講演申込用紙に記載されている必要事項を全て記載してあれば,様式は問いません.
※講演申込みは終了しました.
 多数のご応募ありがとうございました.

採択者には,のちほど論文原稿執筆依頼を通知します.
申込書
送付先
〒950-0965 新潟市中央区新光町6-1 興和ビル7階
  土木学会関東支部新潟会 宛
  FAX: 025-285-8884
  E-mail: nihon02@rose.ocn.ne.jp
申込用紙
ダウンロード

Adobe Acrobat PDF フォーマット
Microsoft Word フォーマット
■ 論文採否 応募締切り後審査を行い,採択者には直ちに執筆を依頼をさせていただきます.
■ 論文原稿 A4用紙に48字×43行程度で,ワープロで作成してください. また,原稿は2ページまたは4ページとし,偶数ページに限ります.
■ 原稿の品質 投稿原稿をそのままオフセット印刷可能な品質でご作成ください.
■ 原稿締切 2012年9月21日(金)
お申し込み頂いた方は,期日までに原稿をPDF形式で作成し,電子投稿してください. なお,原稿は土木学会関東支部新潟会まで郵送(必着,当日消印無効)または直接ご持参の上, 提出することもできます.電子投稿等の詳細は,執筆依頼時にお知らせします.
■ そ の 他 (1) 発表会当日は,パソコン用液晶プロジェクタが使用できます.なお,発表会場には液晶プロジェクタは設置しますが,パソコンは設置しませんので,ノートパソコン等は各自でご準備ください.また,接続等に関するサポートはいたしますが,機種の不適合による投影不可能な場合のサポートはいたしません.液晶プロジェクタの仕様等については執筆依頼時にお知らせします.
(2) 1999年度より土屋雷蔵賞が新しく設けられました。これは,研究調査発表会において講演が簡潔明瞭で優れた35歳以下の講演者に対して表彰するもので,受賞者には賞状ならびに副賞が授与されます。

新潟会のトップページに戻る